2010-07-31

セミの子からセミへ


羽化時期のピークかも、です。門のまわりで3匹も。

羽が伸びる直前はじっと動かず、
垂れ幕が降りるのを 待っているかのようです。

2010-07-30

ツザキ店内のさらなるバリアフリー #2



(有)伏本建設さんに、1階和式トイレの手すりを 付けていただきました。

横に広い室内なので、入って座るまでが心もとない皆様にも
少しでもご利用が楽になったのではないか、と思います。

2階は洋式トイレがありますので、使い分けていただけます。

実は先週の木曜日には、手早く店内作業は済ませておられたのですが、
鉄製屋外階段の踊り場への段差解消のため、今日も暑い中、
作業をしてくださいました。

ここを出入りする電動車いすは手動タイプと違い、車輪が浮き上がって段差が超えられないことがあります。
モルタルの上に板を打つことで、長いスロープにして、滑らかに降りることができるようになりました。


お問い合わせは 0865-63-5987 有限会社 伏本建設さんへ。

2010-07-29

小学校再開


いや、まだ夏休みですが(笑)。

日当りのローテーションのために、ホテイアオイを
池からベビバス保育園に移動していたのですが、
そこへ知らない間になんと4度目の産卵をしていた様子。
今日金魚の赤ちゃんが泳いでいるのを見つけて、びっくり。

ヤゴと分けるために、急遽テンタル小学校の再度の開校となりました。
たった9匹の入学ですが、知らん顔はできんでしょう...。

水温が上がりすぎているので、エアレーションをしっかりしておきました。
泡の水流につられてあんまり泳ぐなよ〜

2010-07-28

またもや目の前を白いゴムまりが(^ε^)


横断歩道で呼び止められ、とてもびっくり。

元気なお顔が見れて、ほんと嬉しかったです...。

遠路懲りずに、時には帰ってきてくださいね!

バラの花をいただく



一昨日のことになって恐縮ですが、バラの花をいただきました。

まあ しかし。

男手とはいえ 花瓶に生ける手際の、なんとも下手くそなこと(苦笑)。
この際、習いに行くのもアリかもしれません。 いや、センスの問題か...。

2010-07-27

市内水泳記録会へ


どの子も できる精一杯を尽くし

知らず生む形の違いが 美しく 素晴らしい

ひとつずつなぞりながら みんなの成長を実感する 至福の夕べ

2010-07-26

iMacとの気長な付き合い

iPhoto用に外付FireWireハードディスクを入替。
初期化「残り時間1秒」 のあとに表示された、遠大な時間。



136年後か...。はあ、こっちが消去されてますな。

そのおよそ10分後、作業は唐突に完了しました。

2010-07-25

セミの子、がんばれ

西の浜の夏祭りが終わって、友達とお母さんが娘を送ってくださいました。

で、門のところへ出てみると、小型のセミの子が土から出て、
高い所を探していました。




地中の生活こそ この小さな虫に長く続いた幸せなのか

それでも がんばれ 

待ち受ける光が その羽の色を変えるとき

ここから遠く 飛んでいけ

2010-07-24

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#番外


フィナーレに向かってますね

みなさま お疲れ様でした

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#11


宴たけなわではございますが、このあたりで...

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#10

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#9

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#8

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#7

いよいよスタート

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#6

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#5

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#4


メインステージを上から望む

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#3

ステージ設営はできた様子。音はまだ出てないです。

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#2

車両の通行が規制されています
 12:00-24:00

 ご来店の皆様は、警備員に「そこへいく」と
一声おかけくださいね

笠岡よっちゃれの夜2010 リアルタイム#1

2010-07-23

北斗七星の向き

自分で使っててなんなんですが、やすみいしの上のバーの星座のデザイン。
この時期の夜半に見るとしたら、けっこう違和感あり(苦笑)。

そう、これは冬っぽい。最近はこうだから...。


昔だったらこんな☆より手前に光源があるなんて撮り方、
絶対ようせんかったなぁ。

撮るにはあれこれ難しい対象かもしれないが、
風景写真の中のひとつのジャンル。

そう考えられるようになった今は、割と楽しい。

2010-07-22

ツザキ店内のさらなるバリアフリー #1

で、お昼からは、(有)伏本建設 さんのお二人の店内改装作業に合流。

とてもお元気なお父さんと、不言実行(←いつもそう思ってますが)の
息子さんのコンビネーションで、朝から次々と細かな作業を
してくださってます。暑い中、本当にありがとうございます。

手も足も出ない吹き抜け周りの換気扇の掃除まで、
気持ちよく受けてくださいました。

トイレの手すりをつけたり、踊り場の段差改修と、作業は続きます。



お問い合わせは 0865-63-5987 有限会社 伏本建設 さんへ。

市営プールでプチ合わせ


午前中、市営プールに行ってきました。

僕が同じ頃に比べ、ずっと伏浮きも潜りも上手い。
高学年になったら結構泳げそうだな。

なんと、文化広報部・部長さんも途中からやってきてビックリ。
まだ、打ち合わせ、します?(笑) コーヒー、ごちそうさま~でした。

全員夏休みに卒業

不思議に思っていたのですが、テンタル小学校の金魚が
なんだか減ってる感じがしてました。

アオミドロをかわすと、...そうだったのか。
こちらの容疑者が2匹もいましたよ。


このままでは、動きの速いコイツらのやりたい放題になるので
少し早いのですが、全員卒業(残り5匹を加えた全12匹)、
小学校は来春までお休みとなりました。

空っぽのベビバス保育園に移されたヤゴは、さっそく赤虫や
ボウフラを狙ってました。

人の役に立ちながら、立派な大人になってくださいませ。

2010-07-21

陽の前奏 #3


あそんで と すねる

2010-07-20

陽の前奏 #2



声をかけると はにかむ

2010-07-19

陽の前奏 #1


みんなで 騒ぐ

2010-07-18

街中のクマゼミ

今日は暑さにつれて、本格的に朝からシュワシュワ。

お客さんにも「山よりうるさいな(笑)」、と驚かれます。
補聴器のフィッティング作業も場所を変える程ですから...。

好きな木の下から生まれるんですね。
歩道の植え込みにも、そこらじゅう穴がボコボコあいてます。

2010-07-17

コンセール・ジャズ大衆舎チラシ 2010年夏号  

いつもコンセール・ジャズ大衆舎を応援して下さいまして、まことにありがとうございます。

当舎の古楽シリーズも、去る5月15日(土)の前田りり子(バロック・フルート)・大塚直哉(チェンバロ)の演奏会で、6回目を終えました。演奏会は、演奏がいくら立派であっても、それを受けとめて下さる聴き手の存在が無ければ、成立しません。

というよりも、良質の聴き手が集って下さることによって、演奏者の妙技はますます冴え、演奏会はより輝きを加えるのです。聴き手のみなさまの存在が、演奏会の存続を可能とするのみならず、演奏会の質を高めているのです。

みなさまが演奏会に聴きに来て下さるということは、すぐれて創造的な行為であると言うことができるのです。私たちがわずか2年の間に小規模ながら6回の演奏会を成功させることができたのは、これは驚異というより奇跡に近いと考えてもいいくらいです。それほど、聴きに来て下さったみなさまに負うところがたいへん大きいのです。


前田りり子・大塚直哉

さて、5月15日の演奏会を少しだけ振り返ってみます。前田りり子の機知に富んだ演奏とプログラム構成、そして語りについては、昨年11月のソロ・リサイタルを聴いていただいた方はご存じのはずですが、チェンバロをしたがえた当夜の演奏会でも、その力量はいかんなく発揮されました。


「バッハ家の音楽」というテーマで集められた珠玉の曲集は、18世紀後半の、父ヨハン・セバスチャンの複雑な多旋律の音楽から、息子カール・フィリップ・エマヌエル、ヨハン・クリスチャンらの単旋律と伴奏の音楽へと変遷していく様子が、端的に示されました。

また、当時のフルートでは明瞭に音を出すことが出来ない調で書かれた曲をあえて取り上げ、作曲者が意図した、くぐもった、憂鬱な雰囲気を演出してみせました。

もしこれが、どんな調でも均一な音を出すことのできる現代のフルートであったなら、作曲者の意図した効果は霧消するに違いありません。チェンバロとのバランスも絶妙であって、主従のスムーズな交代、陰影ある曲の進行など、オリジナル楽器だから味わえる幾多の発見が、聴きに来て下さったみなさまの心を静かにうったことでしょう。

それから、大塚直哉のチェンバロ独奏による『シャコンヌ』もこの演奏会の大きな聴きものでした。

言うまでもなく、『シャコンヌ』はヨハン・セバスチャン・バッハのヴァイオリン独奏曲の傑作ですが、大塚直哉は、オリジナル譜にはもちろん存在しない対旋律や通奏低音や装飾音を巧みに付加し、華麗な『シャコンヌ』に仕立て上げました。

この演奏で大塚直哉が使った楽譜は、ヴァイオリンのオリジナルニ短調を4度下のイ短調に移調したもので、さまざまな「付加」はすべて即興によるものだったのです。大塚直哉の力量も大したものでした。

こうして、チェンバロのお披露目もかねた演奏会は、さまざまな余韻を残して終了しました。私たちにとっても、聴きに来て下さったみなさまにも、心のどこかに深く長く記憶される演奏会であったに違いありません。


カークマン・チェンバロ

さて、5月15日(土)の演奏会にお出でいただいた方々はすでにご存じのことですが、ちょっとびっくりするようなニュースがあります。

なんとチェンバロを購入したのです。

バロック期の室内楽の演奏会を継続していくには、チェンバロが必要であることは言を俟ちません。しかしながら、チェンバロは総じて高価でかつ繊細な楽器なので、演奏会のたびに借り受けることは困難です。

どうしたものかと頭を悩ませていたところへ、信頼できる筋から、この楽器の話が舞い込んで来ました。中古ではありますが、十分な機能をもち、当舎でもまあなんとか購入出来る価格でした。


このチェンバロのオリジナルモデルは、18世紀後半すなわちC.P.E.バッハ、モーツァルト、ハイドン等が活躍していた時代の、ロンドンのカークマン工房のものです。

18世紀後半は、長く鍵盤楽器の王者として君臨してきたチェンバロが、新しく台頭してきたフォルテピアノ(現代のピアノの始祖)にその座を明け渡そうとしていた時代です。したがって、その時代の特徴が、このチェンバロにも見ることが出来ます。

二段の手鍵盤をもち、その音は強く伸びがあり、楽曲にくっきりとした輪郭を与えます。バッハ等ドイツ系の構築感のある音楽には力を発しそうです。チェンバロといえば、美しい装飾を期待する向きもありますが、この楽器には、現代のピアノのように、華美な装飾はありません。

産業革命期イギリスならではの質実剛健の風貌と言えましょう。この楽器を復元したのは、フィリップ・タイアーというアメリカ人で、タイアー作のチェンバロはこの楽器を含め日本に十台ほど入っているとのことです。

この楽器のもう一つの大きな特徴は、着脱可能な2オクターヴ半の足鍵盤を備えていることです。ということは、オルガン曲をもこのチェンバロでカヴァー出来るということになります。


この楽器は、延広教会に常置し、演奏会で使用するほかに、教会の礼拝等でも使っていただくことにしています。


武久源造リサイタルを

さて、それはそれとして、きちんとみなさまに告知する形でチェンバロ独奏の演奏会を催したい、聴いてみたい、と思うのが当然の気持ちです。17世紀と18世紀にはチェンバロ独奏用に書かれた名品が数限りなく存在するのですから。

そこで急遽決定したのが、武久源造の演奏会というわけです。もっとも急遽というにはいささか語弊があります。むしろ、どうしてもこれはやっておかなければならない、それもまず初めにおさえておかなければならない、そんな演奏会なのです。

なぜなら、このチェンバロを私たちに紹介してくれたのが、他ならぬ武久源造であったからなのです。

先に触れた、日本に十台ほどあるカークマン=フィリップ・タイアー・チェンバロは、すべて武久源造の紹介によるものであり、武久源造ほどこの楽器を弾き込み、その特性を熟知している演奏家は他にいないのです。

武久源造は、自分が所有している一台を用い、各方面から絶賛を浴びた『バッハ/ゴールトベルク変奏曲』(ALM)を録音しています。また武久源造が、2000年に福山で演奏した『ゴールトベルク変奏曲』にもフィリップ・タイアーの楽器が使用されたのです。

このチェンバロをあらためてみなさまに披露させていただくのに、その弾き手には武久源造のほかに考えられないことがご理解いただけるでしょう。


このたびの演奏会は、チラシにあるとおり、尾道での公演とセットになるものです。演奏曲も、それぞれに違うものを用意しました。しかも、タイプの違う3台の楽器を弾き分けるのですから、これは要注目の二夜と言えましょう。


みなさまどうぞお聴き逃しのないように、お友達をさそってお出で下さるようお願い申し上げます。私たちは、マスな宣伝媒体をもちません。みなさまの美意識をこそ信頼申し上げます。

2010年夏
コンセール・ジャズ大衆舎

(全文・チラシよりe.Typistにて転載 / レイアウト編集・写真 optsuzaki) 

2010-07-16

ナミギセルの集会


キセルガイ というのがいる。特にこれはナミギセル(Phaedusa japonica)だろう。
最初見たときは、巻貝がこんなところにいるなんて! と驚いたものだった。

細長いカタツムリの一種だが、近所の北向きのコンクリート塀の
少し湿った苔っぽい壁が好きなようだ。

同じ宮地の町内でも不思議とそこしかいない。

体長は20ミリそこそこだが、カタツムリより尖っているせいか、
いつも殻が下向きになりやすい。これまた自重を支える運動能力が
低い為か、塀の下に落ちているのを見かける方が多い。

今年は雨のせいか例年よりも多くて、昨日はこんな集会をみた。
とはいえ、ここまでの盛会は初めてだった。

2010-07-15

雨も小降りだし

まったくのお休み。

子どもが帰ってくるまで、
カメラ下げてブラブラしよう。

2010-07-14

La Raza Del Sol / JOURNEY cover 宗誉楽音 @福山ケーブル



先日のライブがアップされていました。

これは素晴らしい。

10年以上前、僕も活動を共にさせてもらった三人が、
その後自分の音楽を続けてきた道のりも感じられ、感激。

シリーズでアップされるようなので、楽しみです。

2010-07-13

「はばたき」第86号・編集完了

運動会以後取り組んできた学校新聞「はばたき」も
本日、学校での校正も終わり、いよいよ大詰めに。

最終的な修正もお昼には完成し、仕上がりを報告に
夕方、学校に伺いましたが、職員室の先生方の暖かいムードに
感激しました。

ああ、終わりましたね...。
やっと「嬉しい」という感じが、出てきました。
大変でも「楽しい」のは折々であったからね。










やすみいし100回目の投稿が重なったのも嬉しい。

副部長さんにいただいたチリメンジャコを 子どもにとられとられ
ツマみながら、水割りを軽く一杯。

明日朝一番に、印刷のGOサインで完全終了。
終業の16日、皆様のお手元に届きます。

まだ降ってます


2010-07-12

まだ降るかな


流されないように ね

2010-07-11

Freundschaft

四文字で三つ巴

津と 野と 崎と 田 の 連立方程式と なりましたね。
(当事者以外何のことだか、すいません:)

Eddie Jobsonが自分はいなかったのに、Indisciplineやるようなもんですか。
あんまり関係ないか。(さらに関係者厳選:)。

時にこういうバッタリになるのが、お店をする勝手で密かな愉しみなのですよ。


2010-07-10

DM for each next


昨日は、またバンドの旧友と長電話。

十分なことができなかったけど、機会を作ってくれてありがとう。

なかなか一緒に動けないけど、いつか、なにか、また。